1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. シミが消える過程|短期間で若い肌を取り戻す方法はあるの?

シミが消える過程|短期間で若い肌を取り戻す方法はあるの?

シミが消える過程

いったんできるとなかなか消えないシミ。シミのない素肌は、女性にとっては第一印象を左右する大事な要素です。できてしまったシミが消えるとしたら、どういう順序でなくなるのでしょうか。そして効果的なシミけし法とは?

シミは簡単には消えない

いったんできてしまったシミを消すのは非常に難しいです。なぜなら、シミというのは皮膚の奥のほうにある基底部という部分で作られるメラニンが原因だからです。

皮膚の奥にできたメラニンは、皮膚のターンオーバーに従ってしだいにも表皮にあがっていき、最終的には表皮がはがれるときに一緒に剥がれ落ちていきます。

しかし加齢によるシミは次々と皮膚の奥でできるので、何度ターンオーバーを繰り返してもスッキリとシミが消えません。シミを消したいと思うなら、皮膚の奥に作用する方法をとるしかないですし、効果が出るまでに長い時間がかかります。

短期間でシミを消すならレーザー照射がおすすめ!

おすすめのシミけし法はレーザー照射、ケミカルピーリングなどです。いずれも美容クリニックなどドクターのいる施設でなければ受けられません。

レーザーの場合、色素の反応する光を皮膚に充てることでメラニンを破壊→メラニンがなくなるのでシミが消えるという過程でシミがなくなります。

ケミカルピーリングでは、シミを徐々に薄くしていくので多少時間がかかりますが、レーザーは肌の深層部にまで照射するため、1回の治療でかなりシミを消すことができます。

ただし、レーザーを使ったシミ除去では、ダウンタイム(施術後の回復期間)が必要な場合もあります。

クスミもケアしたいならケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、ピーリング剤を肌に塗ることで、メラニンの排出をうながしてシミを薄くするものです。

ピーリング剤と聞くと皮膚への負担が心配かもしれませんが、美容クリニックなどで使用するピーリング剤は、皮膚への影響を最小限に抑えたものです。皮膚のターンオーバーを整える効果が期待でき、メラニンの排出がスムーズになるためシミが次第に薄くなっていきます。

ケミカルピーリングではクスミや色素沈着も改善できることが多いので、時間をかけてじっくりと顔全体を美白したい人に向いています。

塗り薬ならレチノイン酸でじっくり

薬剤を塗るシミ対策もあります。レチノイン酸はビタミンAの誘導体で、エイジングケアに高い効果があるといわれます。シミが薄くなっていく過程はケミカルピーリングと同じで、表皮の各層を薄くしていき、皮膚のターンオーバーを正常化してメラニンの排出を促します。

レチノイン酸の弱点は、妊娠中は使えないことと、人によっては使用後に乾燥肌やピリピリ感があることです。これもドクターのいるところでしか使えませんから、レチノイン酸の使用後に違和感があればすぐにドクターに申し出ましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美人才女(びじんさいじょ)の注目記事を受け取ろう

シミが消える過程

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人才女(びじんさいじょ)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • シミに効く市販薬を徹底検証!塗り薬よりも飲み薬の方が効果あり?

  • 子供のほくろ・そばかすが気になる!ママに知ってほしい効果的な予防方法はコレ!

  • 皮膚科でのシミ取りの相場はいくら?レーザーと薬のコストや効果を比べてみた

  • シミとそばかすを消したい!それぞれの違いと対策方法をわかりやすく解説!

  • 若見え肌の秘密は、コラーゲンサプリじゃなかった!?東大の研究で成分を解明

  • シミ治療は美容皮膚科がおすすめ?保険適用や効果についてまとめてみた