1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 目の周りのあざはコレで解消!打撲しても焦らずに治す方法を伝授!

目の周りのあざはコレで解消!打撲しても焦らずに治す方法を伝授!

目の周りのあざはコレで解消!

ちょっとした打撲で青あざ(内出血)ができやすい目の周囲。見た目も気になりますから、なるべく早く治したいですね。そこで、目の周りの青あざを早く消す方法をご紹介します。実は、打撲をしてから48時間以内の対応が大事なんです。

打撲してから48時間はひたすら冷やす

青あざ(内出血)というのは、筋肉や体の組織に外部からの力が加わり、内部での出血や炎症が起きている状態です。そのため青あざになっている部分は腫れたり熱や痛みがでてきたりします。

早く青あざを消したいときは、打撲後48時間は冷やす野が大事です。冷やすことで体内の炎症を抑えられ、青あざが小さくなります。

青あざができた後、何もしないで放置しておくと炎症がいつまでもなくならず、あざも消えにくくなります。とにかく打撲後48時間は冷やすのが効果的です。

打撲直後は氷や冷水で!その後は冷湿布で冷やす

青あざ部分を冷やすといってもどうするのか。打撲直後は氷や冷水をあてることで十分効果があります。そのあとはすみやかに冷湿布をあざに貼りましょう。それなら最初から冷湿布を張ればいいのではないかと思うでしょうが、冷湿布では冷やす効果が低くなります。

氷や流水のほうがしっかりとあざ部分が冷えるので炎症がはやく抑えられます。氷や流水・保冷剤をあざ部分に20分ほどあてて、そのあと5分は何もしないで皮膚を休ませることを繰り返します。

しかし、ずっと氷で冷やし続けることはできません。ある程度の時間がたったら冷湿布に切り替えればいいでしょう。

早く治したいなら温めやマッサージは控える

冷湿布は使用方法に従って、時間ごとに取り換えます。一定の時間がたつと冷却効果がうすくなりますので、かならず使用方法どおりに新しいものを貼りなおしましょう。

昔は、青あざ部分を冷やした後に温めるといいといったり、マッサージが効果的だと言ったりしていましたが、現在の医療では打撲→冷却ということ以外は、あまり効果がないといわれています。

むしろマッサージなどは内出血を広げてしまう可能性もありますので、あざ部分にはあまりふれないほうがいいでしょう。

痛みや腫れが続く場合は整形外科に行こう

こうやって適切なケアをしても、なかなか青あざが治らないという場合は、血腫(血液が一か所にたまって固まってしまったもの)ができていたり、骨折していたりする可能性があります。

なかなかあざ部分緒痛みが取れない場合や目の周囲の腫れが続く場合は、すみやかに整形外科を受診しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美人才女(びじんさいじょ)の注目記事を受け取ろう

目の周りのあざはコレで解消!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人才女(びじんさいじょ)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供のほくろ・そばかすが気になる!ママに知ってほしい効果的な予防方法はコレ!

  • 肝斑って何?できる原因や治療に効果的な薬を包み隠さず教えます!

  • シミに効く市販薬を徹底検証!塗り薬よりも飲み薬の方が効果あり?

  • 若見え肌の秘密は、コラーゲンサプリじゃなかった!?東大の研究で成分を解明

  • 失敗しない日焼け止めの選び方|SPFの強さにとらわれると肌に負担が!?

  • 短期間で色白になるには?即効性のある4つの方法はコレ!