1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 妊娠中のシミ取りならコレ!市販の化粧品でも対策できる?

妊娠中のシミ取りならコレ!市販の化粧品でも対策できる?

妊娠中のシミ取りならコレ!

妊娠は女性の体に大きな変化をもたらします。一見妊娠とは関係がなさそうで、実は多くの妊婦さんが悩んでいるのがシミや皮膚の黒ずみといった肌トラブルです。妊娠中にできたシミには美白クリームや美容液を使っていいものか?出産後にはシミは消えるのかなど、気になる点をピックアップしました。

妊娠中は女性ホルモンが増えてシミができやすくなる?

なぜ妊娠中にはこれほどシミや肌の黒ずみが増えてくるのでしょうか?理由はいろいろありますが、大きなものは女性ホルモンです。妊娠中にはエストロゲンという女性ホルモンが大量に分泌されます。このエストロゲンがメラニン色素の沈着を引き起こすといわれ、シミや皮膚の黒ずみの原因となるのです。

妊娠中に何もしていないのに一気にシミができたということでショックを受ける妊婦さんも多いのですが、たいていのシミは妊娠中の一過性のものです。出産後はしだいに薄くなり、消えてしまうことがほとんどなのですが、時には対策を間違えて、産後も残ってしまうこともあります。

市販の美白クリームを使っても問題ない?

妊娠中に美白クリームや美容液を使っていいのか…迷うこともあるでしょうが、市販の美白クリームなどはとくに問題にならないでしょう。というのも、配合されている薬効成分はそれほど濃度が高くありませんから、お腹の赤ちゃんに影響がでるとは考えにくいからです。

といっても、美白クリームや美容液の使用にあたって、慎重になるのは大事なことです。少しでも不安がある場合は、かかりつけの産婦人科ドクターに相談して、使用してもいいものか聞きましょう。場合によっては産院でオリジナル開発した美白クリームやUV美容液を購入できることもあります。

紫外線は浴びないように日焼け対策を

妊娠中のシミには、紫外線は大敵です。エストロゲンのせいでシミができやすい状態のところに、たくさんの紫外線を浴びてしまうと悪化することがあります。メラニン色素の沈着を防ぐためには、紫外線対策は必須です。

とくに4~9月の紫外線が多い時期には、帽子や長袖の衣服でしっかりと紫外線防止を。日傘やアームカバーも効果がありますし、低刺激のUVケアクリームをつけるのもいいでしょう。

冬になっても紫外線が出ていることを忘れず、ちょっとしたお出かけでもなるべく帽子をかぶって移動するのがおすすめです。妊娠中のシミも、できてしまえば消えるまでに時間がかかります。なるべくシミができないような生活をするのが前提です。

\ SNSでシェアしよう! /

美人才女(びじんさいじょ)の注目記事を受け取ろう

妊娠中のシミ取りならコレ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人才女(びじんさいじょ)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 短期間で色白になるには?即効性のある4つの方法はコレ!

  • 目の周りのあざはコレで解消!打撲しても焦らずに治す方法を伝授!

  • 肝斑って何?できる原因や治療に効果的な薬を包み隠さず教えます!

  • シミに効く市販薬を徹底検証!塗り薬よりも飲み薬の方が効果あり?

  • シミが消える過程|短期間で若い肌を取り戻す方法はあるの?

  • シミの種類は4つある!原因と見分け方を知って適切に対処しよう!