1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 失敗しない日焼け止めの選び方|SPFの強さにとらわれると肌に負担が!?

失敗しない日焼け止めの選び方|SPFの強さにとらわれると肌に負担が!?

失敗しない日焼け止めの選び方

将来のシミの原因となる日焼け。小麦色の肌は健康的だといいますが、最近ではあまり日焼けしすぎるのもよくないという考えが主流です。アウトドアレジャーの時には日焼け止めを使って予防している人が多いと思いますが、市販の日焼け止めに表示されているSPFっていったい何でしょうか。そして日焼け止めを使うメリットとデメリットとは?

SPF表示が大きい日焼け止めは日焼けを遅らせる

SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略です。これはおもに紫外線B波を防止する効果をあらわす数字。SPFは数字が大きければ大きいほど、日焼け防止効果が高くなります。

よく見かけるのがSPF30やSPF50という数字で、30なら日焼けが始まる時間を通常よりも30倍遅らせることができるという意味です。日焼けは紫外線に当たってすぐに始まるものでなく、当たり始めて15~20分後くらいに紅斑(皮膚上に赤い斑点が出てきて、炎症が起きている状態)が出ます。

ここから日焼けになりますから、スタート時間は少しでも遅いほうがいい。SPF表示が大きい日焼け止めは、それだけ紫外線に当たり始めてから日焼けが始まるまでの時間を引き延ばす力が強いのです。

目的に応じてSPF値の違う日焼け止めを使い分けることが重要!

どうしても日焼けしたくないときは、SPFの数字ができるだけ大きい日焼け止めを選べばいいと思うかもしれません。しかし単純にそうとも言い切れないのが、日焼け止めチョイスの難しいところです。

日焼け止めのメリットは紫外線が肌に悪影響をおよぼす時間を遅らせることですが、デメリットとしてはSPF値が高いほど、肌への負担も大きくなることです。

「日焼けはしたくないが、肌に負担はかけたくない…」こういう場合は目的に応じてSPF値の違う日焼け止めを使い分けましょう。買い物など1時間程度の外出ならSPF30で十分ですし、アウトドアでのレジャーならSPF50を選ぶといいでしょう。

そして目的別に選んだ日焼け止めを、こまめに塗りなおすのが大事です。日焼け止めは汗や摩擦で落ちてしまいますから、1時間ごとに付け直しましょう。

日焼け止め効果のある化粧下地を使うのもオススメ

最近では日焼け止め機能がある化粧下地も出てきました。化粧下地であってもSPF30というものがあります。外出する予定がない場合は化粧下地だけでいい日もありますし、化粧下地+日焼け止めのダブル使いが効果的なときもあります。SPFの意味を知って、上手に使い分けましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美人才女(びじんさいじょ)の注目記事を受け取ろう

失敗しない日焼け止めの選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美人才女(びじんさいじょ)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 目の周りのあざはコレで解消!打撲しても焦らずに治す方法を伝授!

  • 若見え肌の秘密は、コラーゲンサプリじゃなかった!?東大の研究で成分を解明

  • トレチノインとハイドロキノンはシミに効果あり!?併用すると美白になるって本当?

  • 短期間で色白になるには?即効性のある4つの方法はコレ!

  • 皮膚科でのシミ取りの相場はいくら?レーザーと薬のコストや効果を比べてみた

  • シミとストレスの因果関係と予防法をまとめてみた!原因がわかれば治すのも簡単?